万人にモテる方法は人を不快にさせないこと。特別好かれなくてもいい、3秒あれば人は不快になる。

本命だけでなく万人にモテたい女性への記事です。

もしくは人間関係を作るのが苦手で、新しい環境に飛び込むのが怖い方。

  • 万人モテするには、好かれる努力より不快にさせない努力
  • 人は3秒もあれば不快になる
  • 不快にさせないことがどんなに難しいか
  • 恋愛経験値が低いほど、デートをこなすべき
  • 自分のツボを学ぶことが幸せになれるコツ

以上について解説します。

スポンサーリンク

人はすぐ不快になる。好かれる努力は媚びに繋がるので意味がない

円滑な人間関係を構築できれば、他人よりも得な人生を生きられます。

仕事に遅刻しても怒られる人と笑って済まされる人がいて、不公平だけど当然のことです。

新しい環境に飛び込んだときに早く味方を作れれば、安心感からパフォーマンスも向上。

更に好かれるループができあがります。

1対1で友好以上の関係を結ぶのは大変なことだし、時間や労力もかかる。

万人モテする振る舞いを身につければ、労力や面倒ごとが減ります。

自分の振る舞いをみた他人が、勝手に好意を持ってくれれば楽ですよね。

周りに好かれている=常識的で素敵そうの位置付けを自然とゲットできるから、恋愛対象にも入りやすい。

女性が想像するよりもずっと、男性は社会的な生き物です。

自分を含め周りの評価に敏感だし「常識はずれ」「ふしだら」「ガサツ」などマイナスイメージのレッテルを常備してます。

マイナスの札が張ってあれば恋愛対象外。

プラスの札が張ってあれば恋愛対象内。

顔やスタイルなど個人の好みはともかく、まともに扱ってもらう(女性として丁寧に)ためにも周りに好かれる方法を知っておきましょう。

端的に言うと、人を不快にさせない行動をいかに取れるかにかかっています。

これは24時間意識していても難しいことで、無意識の仕草や表情でも簡単に人を傷つけます。

誰かに相談を受けていたとしましょう。

  1. ちらっと視線を外して時計を見る(長いなって思われてるのかな)
  2. 無意識にため息をついてしまった(相談のせいでテンションを下げてしまったかな)
  3. 相手からは上の空に見える表情をしていた(真剣に聞いてくれてないのかも)
  4. 相手からは口角が上がっているように見えた(バカにされているのかな)

意図せずやってしまったことでも、相手を不快にさせるには充分。

3秒あれば不快指数をあげることは簡単です。

人それぞれ考えや捉え方も違って、どんなに気を遣ってもネガティヴに取られれば全部ムダ。

なかなか練習や根気がいりますよ。

ポワーンとしてる天然系が可愛がられやすいのも、人を不快にさせないからです。

ギスギスしたところを見なくていいし、ポワーンとした女性と競争しよう!なんて思う人は少ないので。

なんとなく優しそうだけど地味で特徴なし、みたいな女性も好かれやすいですね。

逆に、エセ天然がものすごく叩かれるのも同じ理由。

人間の作為や計算高さを見せつけられるので、いるだけで不快になります。

好かれたくて行動すると嫌われる。不自然で媚びてるから

好かれよう好かれようと頑張るのは逆効果になるケースが多くて、異性相手だと尚更です。

女性が恋をすると、不自然な行動が多くなりがち。

  • ちょっとしたことでお礼を渡す
  • その人だけに話しかけに行く
  • その人だけに連絡先を聞く
  • テンションが上がる、もしくは緊張してテンションが下がる

周りから見れば特別意識の有無は一目瞭然。

この特別扱いに、作為や不自然さを感じてイヤがる男性は多いのです。

好きな彼だけでなく、周囲の他人もいい気持ちはしていません。

「頑張っちゃって可愛いわね」で済むことの方が少ないです。

恋愛外でも、好かれよう好かれようとすると媚びが目立ちます。

女性同士の場合、媚びれば媚びるほど上下関係が生まれますよね。

しかも、相手から好かれるために行動すると空気読めない発言が自然と増えるのです。

  • 不要なところで相手を持ち上げる発言
  • ムダに多く褒める
  • 下から機嫌を伺うような発言
  • 好かれたいがための自分アピール

これらは、好かれようと頑張っているときは自然と出ます。

他人からすると面倒くさいですよ。

欲しいと思ってない好意の押し売りをされてるのと同じこと。

相手を不快にさせないように!とひたすら考えていると、発言も変わります。

  • 相手の自慢話をスルーすると不快にさせるので、ちゃんと褒めて反応する。
  • 相手の容姿について言及すると不快にさせる恐れがあるので言わない
  • 自分の話ばかりすると不快にさせるので気をつける
  • 相手のテンションと大きく離れれば不快にさせるので、なるべく合わせる

自然と同じ立場で会話できて、空気読めない発言も減り、拾うべきところはしっかり拾う。

地雷を踏む可能性が少ないのも魅力ですね。

不快にさせないよう気をつけて接し、ある程度相手の人間性が読めてきたら踏み込むタイミングです。

好かれようとしてる時みたいに必死さは表に出ないけど、内面は思い切り頭を使います。

優しくて嫌われない人がのほほんとして見える理由もここにありますね。

ちゃんと考えてるけど、能天気で何も考えてなさそう。

自分のことしか考えずに「なんであの子かモテるの?」ってイライラしてる人からすれば、何も考えてなさそうに見えるのが正解なんです。

男って本当にバカ女が好きよね!って、実は間違ってない。

ただし、ぶりっ子して媚びてるだけの女性を好きな男性は見極めましょうね。

自分がひたすら「人を不快にさせない行動」を意識して生活してたら分かります。

モテてる女性をみて、適当にぶりっ子してるのか計算して賢く振舞ってるのか。

もし好きな人がハズレの女性をチヤホヤしてたら、ちょっと考え直した方がいいかも。

なんとなくでも相手の本質が分からない男性は、結婚してマンネリしたらぶりっ子に浮気するかもしれませんよ。

付き合ったら幸せになれる男性を見極める手立てとしても、賢い振る舞いは大切なんです。

いいことづくめでしょ!

恋愛経験値が低いなら、恋愛対象に入ってデートを重ねると幸せが近づく

恋愛経験値が低ければ低いほど、多くのデートを重ねるのが重要。

そのためには、周りに好かれて好意を持たれるのは最低限必要ですよね。

相手に踏み込んでいいタイミングになったら、プライベートな誘いを持ちかけるときです。

職場や学校内のいろんな人と仲良く遊んだりできれば、特別意識を与えることなく好きな人にも近づけます。

なぜデートを多く経験すれば幸せが近づくのかというと

1つ目は好きは人を美化しないため。

2つ目は自分のツボを知るため。

男性を美化すると、どうでもいい人にも縋ってしまう

あまり男性の優しさ(好意を持った女性に出すもの)に触れていないと、都合のいい扱われ方をされやすいです。

付き合ってから雑な扱いをされる、すぐマンネリが訪れる女性は注意ね。

相手がいま出している優しさが、どの程度大きなものなのか。

いろんな男性から優しさを受けてみないと分かりませんよね。比べられないので。

小さな優しさに過剰な喜びを見せ続けると「こんなもんでいいんだー」と手を抜かれます。

ちょっとワガママな女性がモテるのも、そういうことです。

与えなきゃいけない優しさのパターンも多くなって、付き合いがいが出てくるんです。

いくら暇なときでも、小学1年生の算数ドリルはやりたくないですよね。

だったら寝てた方がマシ。

でも新発売のゲームなら喜んでやります。

小さな優しさを与え続けて関係を良好にするのがいいことって、男性だって分かってます。

でも長期間続けるのは退屈になって、飽きてやめてしまうんです。

そんな時に新しいハードルをくれるのは嬉しいし、むしろ喜んでワガママを叶えようとする。

男性が中だるみを自覚する前にハードルを課せるのがいい女のワガママです。

好き勝手に頻繁にワガママ言ってるわけじゃないのが分かるでしょう。

それに、相手が普通レベルの男性だと理解していても

いざ雑に扱われたら捨てられそうになると、ちょっと固執してしまう女性が多いからです。

それは悪いことではありませんが、相手の優しさや振る舞いを美化しすぎなんですね。

何十人ともデートしていたら、下手な男に情が湧きません。

どうせ縋るなら納得できる相手に縋りましょう。

自分のツボを理解していないと、イケメン金持ちと付き合っても幸せになれない

自分が何をされたら嬉しくて、恋愛中はどんな自分でいたいか。

本気で理解してる女性は少ないと思うんです。

なんとなく芸能人や周りの友達を見て「ディズニーいいな!」「ティファニーもらってるんだ」」菅田将暉かっこいい♡」みたいな。

それは本当のツボじゃないです。

結婚願望があるなら尚更。

確かに顔もお金も大事な要素ですが、自分のツボはもっと大切!

  • 自分は公園デートでも楽しめる女だったのか!
  • 気取ってる時間よりリラックスしてる方が幸せかも
  • 連絡頻度が低い時は決まって不安になるから、外せない要素だ
  • お姫様扱いの気遣いが好き

自分の恋愛特性は、経験からでなければ学べません。

良い悪いじゃなくて、好き嫌いで判断してくださいね。

気遣いができる人が好き!くらいだと大雑把すぎますよ。なるべく細かく。

ひとえに気遣いといっても、種類が豊富なので。

例をあげると、電車で

  1. 彼女は立たせても、お年寄りには積極的に席を譲る
  2. 自分は立ってても、1席あいたら彼女を座らせる
  3. 話してた方が一緒にいれる時間が増えるから、2席あくまで座らない

これらは全て気遣いです。

良し悪しで判断できることではありません。でも、人それぞれ好みがありますよね。

私はヒール履きたいから座りたい!おばあちゃんに席を譲る優しさにキュンとくる、など。

自分のツボとマッチングする男性を選べば良いだけです。

世間が「おばあちゃんに席を譲るのが正しい」といっても、あなたが座りたいなら座らせてくれる男性が合ってます。

長い期間一緒にいるのは世間でなく自分なので、デートを重ねて

いろんな種類の気遣いがあることを知って、自分のツボも学ばなければなりません。

1人としかデートしなかったら、お年寄りに席を譲る優しさしか知れませんよ。

いつまでもラブラブって、毎日自分のツボに入る相手なんだと思います。

イケメンや金持ちともデートした結果、会社の隅にいるハゲたおじさんがツボだとわかったのなら、それはそれで良いことじゃないですか。

ちなみに、ファッション記事で書いた「無難な服やシンプルな服はモテる」にも繋がります。

個性のある服やTPOにそぐわない服は、見てるだけで他人を不快にさせる恐れがありますよね。

相手が自分に話しかける難易度ををできる限り下げるのが、仲良くなるコツです。

もちろん最大限モテたい人だけのテーマ。

ファッション性をなにより大切にする方は、好きは服を着ればいいのです。

モテたいならこうしましょうって話なので、譲れないところは完璧に再現しなくて大丈夫。気楽にね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました