重いと振られる性格の直し方。50%は遺伝で決まるアタッチメントタイプ。科学的恋愛術

「重い」と言われて彼氏に振られてしまった

依存的になり、彼氏に距離を置かれてしまった

まだ彼氏のことが好きで別れたくない。だったら性格を直さなきゃ…と焦ったり、自分を責める女性がなんとも多いのです。

それなのに、その恋愛傾向の50%は遺伝で決まってることはほとんど知られていないし。

闇雲に「自立しよう」「連絡を控えよう」と無理をしてもなかなか続かない上にら不安感が消えるわけではないんですよ。その期間はあなたの幸福度もガタ落ち。

恋愛にはアタッチメントタイプという理論があって、遺伝的な傾向も改善方法も研究されているんです。

そもそも、彼の振る舞いからあなたの重さが引き出されているケースも多々あるのですから、自分のことを詳しく知る意味でも、もっと普及されていいと思うのですがねえ。

彼氏が好きすぎて依存気味になっているとき、女性の方もスマホが気になって仕事や勉強に集中できず、不安で精神的に落ち着かない。

ドキドキする情熱的な恋愛は素敵なんですけど、もう少し安定した関係を築ければ長続きしますし、双方にメリットが増えますよ。

普段から自己肯定感が低いとも思っていませんか?それもアタッチメントタイプの仕業ですからね。

というわけで

☆「重い」と言われる恋愛傾向はアタッチメントタイプN型

☆N型が不安になるとき、ならないとき。恋愛傾向と行動

☆研究に基づく改善の仕方と彼氏選びについて

この3つの理屈を知るだけで、だいぶ恋愛が楽になるはずです。そんなに難しい話じゃないので気楽に聞いてね!

スポンサーリンク

不安になるとき、重くて依存的?アタッチメントタイプは3種類

冒頭から「アタッチメントタイプ」について触れていますが、遺伝的に決まった恋愛傾向のことです。好きになるタイプや不安になったときの行動など、50%はここからくるんですねー。(育てられ方や周囲の環境等がもう半分)

赤ちゃんの頃からアタッチメントタイプは既に存在していて、S・N・Vの3種類あります。

アタッチメントタイプ「S」

・精神的に不安定になりにくく、コミュニケーションが上手

・人と深く関わることや信頼することを恐れません

・パートナーに合わせた恋愛も自然とできます

・人口の約50%がSタイプです

アタッチメントタイプ「N」

・今回のテーマ、重くなりがちな私たちのことです

・人の気持ちに敏感で、相手が離れていくなど不安感を持ちやすい

・彼氏とは、深い密着型の関係の方が安心できる

・人口の約25%がNタイプです

アタッチメントタイプ「V」

・彼女と近づきすぎるのは嫌いで、自由にしていたい

・束縛も嫌う

・人の気持ちに鈍感な傾向あり

・人口の約20%がVタイプです

Nタイプと相性がいいアタッチメントタイプは?

簡単な説明を読んだだけでも、彼氏はVタイプだったのかな…など、何となく腑に落ちる方もいるかと思います。

というのも、NタイプとVタイプの相性があまり良くなさそうなのが字面でも分かっちゃうからです。

あくまでアタッチメントタイプ的にはね。人間的な相性は別でしょう。

近づきたくないVと、もっと深いつながりが欲しいN。

逆に、Sタイプと付き合ってるならラッキーです。

割と精神的に安定していて余裕がありますし、Nタイプの重さをうまく扱う余力があります。あなたの不安を無駄に引き出すこともないです。

しかも、NとV共に、Sタイプと付き合うことでSの良い面につられて恋愛レベルが向上することまで研究で分かっているんですよ!

私も元々はかなりのNタイプでしたが、Sタイプの旦那に出会った今はほぼSに。

もちろん、進んでSタイプを彼氏に選ぶことで幸せは近づきますし、Nタイプの弱点を克服した上でV彼氏と付き合うのも良し。

次に、Nタイプが重くなる理由とやりがちな行動について。いくつか当てはまると思いますよー。

Nタイプがやりがちな恋愛行動。冷たくしたり忙しく振舞ってみたり

いつもは大丈夫なのに、恋愛するときだけ不安定になってしまう人もいると思います。私生活にも影響が出るし、なかなか辛いですよね。

なんでNタイプが不安に駆られているかと言うと私たちの関係って大丈夫なの?センサーが最も働くアタッチメントタイプだから。

3種類の中で1番人の気持ちや表情に敏感なのです。いわゆる共感しすぎなのですね。

それに伴って感受性も強くて、感動的な映画やホラー映画に弱い方もいるんじゃないかな。途中で自分のことのように感じて見られなくなりませんか。

ちょっと冷たくされるだけで(理由は問わず)、二人の関係が揺らいだように思ってしまう。

少しの声色の変化にも気づけるからこそ、彼の機嫌にも右往左往しちゃったりね。

彼氏が冷たいように感じるのは、単純に疲れてるのかもしれないし、あなたに向けた怒りじゃないかもしれない。

その可能性を読み飛ばして

『ちゃんと好きだよ、離れたりしないよ、安心してね』ってメッセージを彼がくれるまで不安になるのがNタイプなんです。

Vタイプの彼なんかはあんまり安心メッセージをくれないので、余計に辛いことでしょう。

「私たちの関係って大丈夫なの?センサー」が働くと、以下の行動に出やすいです。

【自分を卑下パターン】

  • 相手を過大評価して、自分と釣り合わないのでは?と感じる
  • 浮気の可能性があるように思えてくる
  • 本当に好かれているのか自信がな い
  • 自己肯定感が下がった感じ
  • LINEを何度も確認、SNSへの出没もチェック
  • ソワソワして落ち着かず、優先順位は彼が1番になる

【仕返しパターン】

  • わざと距離を置く
  • 嫉妬させる
  • 忙しさの偽装
  • 放置されたぶん、冷たくされたぶん仕返し。同じだけ冷たくする

…3、4個以上は当てはまったのでは?

誤解しないで欲しいのが、上記の行動に出るのは自己肯定感がないからでも、自立していないからでもないこと。

全てアタッチメントタイプの仕業なんです。

例えばこの理論を知らずに、「よし!自己肯定感がないからこうなるんだ!自分磨きしよう!」と思い立つとして

恋愛する→重くなる→自己肯定感が欲しい→自分磨き→恋愛する→重くなる→やっぱり自己肯定感がないから?→自分磨きする…

負のループ!

完璧に自分に自信が持てる女性など国に1人か2人くらいなもんです。

自己肯定、足りなくはないのにアタッチメントタイプのせいで無い無いと思い込み、努力が空振りな方が多くてね。

とても勿体ないことだと思います。結婚するにしろ考えていないにしろ、現在のパートナーと上手くいくに越したことないので。

正しいアプローチなら直せますし、なんで重くなるかを知った時点で半分は解決です。

注意!何万円もするローズクォーツ買わないように…

※休憩の余談

Nタイプの方は(ネットの無料含め)占い好きな傾向があります。

私個人として、スピリチュアルや占いは否定しません。むしろ好きです。

が、Nタイプの私たちについて言い当てるのは、占い師にとって簡単なことです…。

「重いって振られた。寄りを戻すにはどうしたらいいですか?泣」

「彼氏が連絡くれなくて不安で、本心はどうなんでしょうか?泣」

などと相談することで、占い師はあなたがNタイプの傾向があることを悟ります。

あなたって一途な人ね。好きになったら一直線でしょう。彼のことを朝から晩まで考えてることもあったはず。

ちょっと自信がないみたいだけど、それはあなたの優しさがなせる技よ。

人の気持ちがよくわかる人だから、彼の心の機微が読めるのね。彼は〜〜な状況で、こう思っています。あなたに支えて欲しがってるわ。

わかる〜〜!ですよね〜〜!え?この綺麗なローズクォーツが三万円!彼の気持ちが私に向く!?

やす〜〜〜い!!

…とまでは流石にならないのはわかっていますが、Nタイプの悩みや性格を言い当てるのって難しくないってことを念頭において、占いに行ってくださいね。

このブログもタダだし、お酒と同じで呑まれない程度に活用して欲しいと思います。

Nタイプが不安になったときに落ち着いて行動するために

話を戻しますね。

アタッチメントタイプについて知ったことで半分は解決!と書きましたが、人間って先の見えない不安に耐えられないように作られてます。

なぜ毎回重くなるのか、直せるのか直せないのか、どうしたらいいのか全くわからない状態で恋愛するのと

不安になったとき、少しでも「アタッチメントタイプのせいだな」と思える今の恋愛は全然違うものです。グッとリラックスした状態に近づいてます。

そこから、彼に「気持ちを伝える」ことを恐れない基盤を作らないといけません。

過去の恋愛でも依存的になったことで振られた女性は、パートナーシップの初期(出会い始め〜ラブラブ期)までは必死に欲を押し殺したりします。

もっと一緒にいたい!って気持ちをないように見せかけてしまうんです。それで上手くいく恋愛は、Sタイプを遠ざけてVタイプを寄せ付けます。

もろ刃の剣なので、絶対にやめましょう。

だって「自立して、恋人とベタベタしなくて平気な女性」として振舞っていたら。

それは、NタイプのあなたではなくVタイプに偽装したあなたです。

結果的に、Nタイプの特性を受け入れてくれやすいSタイプを遠ざけます。Sタイプは、初めから自分のニーズを伝えるのを恐れません。

Vタイプを装う=Sタイプが求めるオープンな恋愛ではなくなるってこと。

 

極め付けには、途中で抑えきれなくなった「不安感」「構って欲しい」感情をVタイプの彼にぶつけて、破局。

自分を偽って出会いに臨むと、最後までシナリオが見えた恋愛にもなり得るのですよ。

なので、できるかぎり傷つかずに想いを伝える方法も一緒に飲み込めるとベストかも。

基本的に、Nタイプはガラスのハートです。

でも(出来れば恋愛関係スタートの段階から)彼に要望を伝えなければ、Sタイプの彼を引き寄せられません。

自分のニーズを明らかにすればVタイプは勝手に離れていきます。そのかわり、馬が合うSタイプに巡り会えるのです。

出来る限り傷つきたくないNタイプが彼に要望を伝えるとき、必死に思いを巡らせた結果「おねがい」という形を取ることが多いのですが…

こちらが下手に出ている以上、聞いてもらえる可能性は少ないですよ。

しかも、お願いスタンスは了承or却下の二極化を自ら生み出しているのと同じこと。却下されたら絶対傷つきますよ。私のこと何も考えてくれない!って。

・あくまで対等に

・彼の意見も取り入れた結果づくりが2人でできて

・なるべく傷つかない

全てクリアするには「上手な伝え方」「優しい言い方」等ではヌルいです。

断られたら引き下がるのではなく、彼が何なら出来るのか、代わりの手段はないのか。

そう。交渉術を学んで押し引きしましょう。

意外と盲点なんですよね。交渉術の本ってビジネス書ですから、そういう仕事についてないと読む人も少ないのかも。

「言うことを聞かせる」と「お願いする」のちょうど中間。全く対等な立場から譲歩し合うには、これは交渉だぞ!というスタンスで話しかけるべきです。

イチオシはメンタリストDaiGoさんの交渉術の本。とにかくエビデンスと読みやすさを重視して書かれてるので、効果がないってことはまずありません。

彼の立場や考え方の話も自然と引き出せますから、だんだんと衝突も減ります。お互いの地雷が分かってくるからです。

可愛い女でいることと、自分の権利を正当に受け取ることは別です。主導権を完全に明け渡したNタイプは最早無力。

振り回されて不安にさせられ、絞りカスになる前にパワーバランスの40%は死守しましょう。

大事なところでもいいなりなのが都合のいい女。ここぞって時には彼を押しのけてでも主張するのが本命です。

いつも参考に本を挙げますが、どう考えたらいいかを理解するだけなら買わなくても大丈夫なのでご自由に。

あとはホルモンバランスを鑑みて不安感を下げよう

ここまでの話を一旦まとめると

☆不安に駆られ重たくなるのは、自己肯定感や自立心の話ではなく「アタッチメントタイプのせい」と理解すること

☆アタッチメントタイプからくる行動(卑下・仕返しパターン)をしそうになったら、「Nタイプだからだな」と一呼吸おいて一旦落ち着こう

☆Vタイプを遠ざけてSタイプを近づけるために、交渉術を使って要望を伝える恋愛の仕方を習得しましょう

☆決定権やリード権を全て相手に明け渡すのはNG

ここまで出来ていたら、脱・重い女です。

まだ不安感が残っているとしたらホルモンバランスの乱れもあるでしょうから、耳寄りな情報をお届け!

ホルモンバランスというと、PMSばかり注目されます。生理前に起こる心身の不調ですね。

Nタイプは精神な不調が起こりやすいかもです。

もともと(自他を問わず)感情の起伏に敏感なので、PMSっぽくなったら無視できないといいますか。

そのPMSだけ有名になってしまい、意外と知られてないのですが、ホルモンバランスって3フェーズの繰り返しで回ってるんですね。

生理から次の生理までの1ヶ月間でフェーズ1〜3が次々訪れるわけなので、うまくホルモンを整えないと対応できません。

なんかずっと疲れてるなー不調だなーって思う方は特に、知っておくと便利ですよ。余暇の過ごし方までおススメが違うので。

意外と知らないホルモンバランスを整える方法。フェーズ1

まず、フェーズ1について。

期間は生理が終わってからの5日間。

体内ではゆっくりとエストロゲンが増えています。

エストロゲンが高い状態=彼と親密な関係が欲しくなる期間 と覚えてもらえればOKです。

今はゆっくり上がってる最中なので、とりあえずデートなど交流があれば、心も安定できる感じですねー。

オキシトシンは少なくても大丈夫な時期。

オキシトシン(幸せホルモン)が多く必要なときは、スキンシップを多めに取ることで不調が緩和されるのですが

フェーズ1では重要じゃないので、逢瀬はしつつ普段通りに過ごしてもらえればと思います。比較的に元気を保てるでしょうから、彼と交渉・相談したいなら今!

意外と知らないホルモンバランスを整える方法。フェーズ2

期間は、フェーズ1終了から5日間。

今、エストロゲンピークです!女性ホルモンがいっぱいなので「愛の期間」と呼ばれたりします。

この時期、何もせずにいると女性的な面が際立ってしまいます。感情的になったり泣きそうになったり、情緒が安定しにくいです。

安定のためにはオキシトシンが大量に要りますので、とにかくハグを多めに!

もちろん、自分でオキシトシン分泌できる行動をするのも大事ですよー。ペットを飼ってる方はふれあいの時間もとって、食べ物にも気をつけられる方は是非。

「オキシトシン_食事」で検索!

エストロゲンピーク=オキシトシンもピークにする と覚えてくださいね。

オキシトシンが足りないと、普段ならなんとも思わないことに不満を持ったり、傷ついたりします。

彼との関係に不満を持ったら、フェーズ2にいないか(オキシトシン足りてるか)確認してみてください。ルナルナに書きましょう。

意外と知らないホルモンバランスを整える方法。フェーズ3

ちょっと長いですよ。次の生理まで、残りの期間はフェーズ3になります。

体内ではゆっくり、エストロゲンよりもプロゲステロンが上がってきてます。

エストロゲンはフェーズ2でも書いた通りスキンシップ期間なのですが、プロゲステロンはその逆。

1人の時間や仕事に打ち込むような行動を取った方が、心が安定する時期なんです。

難しいことに、プロゲステロンが多くないといけないのに、エストロゲンが増えてしまうこともあります。

というのも、この時期に彼氏と「ずっと一緒!ラブラブ!」しすぎるとエストロゲン優勢になっちゃうんですよね。

結婚同棲してる方には厳しい話なので

  • 多めに残業する
  • カフェでクールダウンしてから家に帰る
  • 趣味を優先する

など、意識的にプロゲステロンを増やさないとです。

この時期のエストロゲン優勢、何が怖いかってPMSを増長させるんですよ。

彼と一緒にいて幸せなはずなのに、なんだか欠点が目につくしイライラする…っていう自覚しにくい要因なんですな。

むくみと頭痛まで誘発しますので、1番大事なのってフェーズ3かもしれないですね。

ちなみに、期間が長いぶん前半後半に分けて考えましょう。

前半は、まだエストロゲンが多くて当たり前です。プロゲステロンはゆっくり上がってる最中なので。

後半はプロゲステロンも上がりきってるし、意識的に守らないとイライラするってことです。

まとめ

フェーズ1

生理後5日間。心身ともに安定した期間です。少なくてもデートがあれば、気分良くいられそうですね。

フェーズ2

更に5日間。体内のエストロゲンがピークですよ!オキシトシンがないと病むので、スキンシップは多めにとりましょうね。長めのハグを1日5回くらいすると良いです。

フェーズ3・前半

ゆっくりとプロゲステロンが上がってきてます。まだ大丈夫ですが、1人の時間を多めに取る準備は進めましょう。エストロゲン→プロゲステロンの移行期間と考えてください。

フェーズ3・後半

プロゲステロン優勢を保たないと、PMSが酷くなるばかりか、むくんで頭痛も引き起こす可能性アリ。仕事や趣味を優先させましょう。

私はiPhoneのカレンダーにリマインドしてて、毎朝どの期間にいるのかチェックします。

余暇を旦那と過ごすのか1人で出かけるべきか、ホルモンバランスに任せるのが1番効率的だと思ってるので。

お誘いがあれば断りませんが、ホルモン管理は欠かしません。おかげでSタイプっぽさが増しました。

精神的な安定は大事ですねー。男性から見てネックな面倒くささ(扱いにくさ)が減るので、単にモテますよ。

まとめと追伸

恋愛のアタッチメントタイプ理論と、ホルモンバランスの整え方。どちらも順に実践していけば、不安に駆られての重い行動を軽減できるという話でしたー。

※追伸

冒頭で、各アタッチメントの割合を書きましたが、合計で95%でしたね。ちょっと足りません。

実は、残りの5%はNとVの混合型なんです。そこに位置する人は、Vタイプの特性も克服しないと…。

もっと一緒にいたいと思うのに、いざ深い関係になるとあまり嬉しくない。好きじゃなかったのかなー?って恋愛を繰り返してる方はN+Vタイプ。

長くなってしまうので、また今度掘り下げますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました