HSPの女性はモテるポテンシャルが高いよ。人の2倍ストレスケアをして、特性を活かせる恋愛フィールドでは1人勝ちもできる。共感性はノリのいい女性よりもマッチングアプリ向きだよね。

HSPの女性はモテるためのポテンシャルが高いんだよ。

  • HSPってこういう人
  • HSPって感じやすくて辛い
  • HSPが辛くなく生活するには

こういうことばっかり取り上げられてるけど、恋愛においては

「1つのことから多くの情報を得て、それらを深く考えて捉えられる」HSPは1人勝ちできる可能性すらあるのね。

ただし、ただ特性を活かすだけじゃなかなか幸せになれない。

なんでかっていうと、モテやすいポテンシャルと一緒に、恋愛疲れしやすい特性もついてきちゃうのがHSPだから。

「モテる部分を自然と活かせてる人」と「恋愛疲れしやすい部分が前に出てて辛くなってる人」の2つに分かれやすいんだよね。

だから、自分はあんまり恋愛向いてないのかなって思ってるHSPの女性は、特性の使い方と勝てるフィールドを知らないだけなんじゃないかなー。

  1. HSPの強みは、彼の機嫌を読み取って、ふと発した一言から彼の背景や趣味嗜好を読み取ることもできるところ
  2. 「彼のゴキゲン信号機」に振り回されてたら、恋愛したくなくなるくらい疲れて当然だよ

  3. 人の2倍ストレスケアしないと、余裕を持って恋愛できなくなっちゃうのがHSP
  4. モテるポテンシャルを際立つのは合コンじゃないよ。ノリのいい女性よりも、マッチングアプリでは優位。
スポンサーリンク

HSP女性の1番の強みは、彼のテンションの上下や生きてきた背景を読み取れるところだよ

HSPが敏感だって言われるのは

「1つのことから多くの情報を得て、それらを深く考えて捉えられる」からなんだよね。

これさ、べつに恋愛に向いてないわけじゃないよ。

たとえば、デート中に彼のテンションの上下や、あなたがしたことによる彼の反応を読み取れる。

それに、人間関係のイザコザや、ちょっとした揉め事でも心が乱れるから

2つが組み合わさって、大きな喧嘩や好感度が下がる行動を無意識に避けられるんだよ。

「あー、集中してるときは話しかけられたくないタイプなんだなー」

「彼はいつも早めに行動するタイプだから、時間にルーズな女性はあんまり好みじゃなさそうだなー」

勝手にリスクヘッジができちゃうんだよね。

そのぶん、なまじ空気が読めるだけに普段からいいたいことを抑えがちだからか、こういう人に憧れを抱きやすいのかもしれないけど↓

ノリが良くて、大人数の中でも会話が弾んで目立ってて

こういう女性はたしかに注目を集めやすいけどさ、彼1人にターゲットを絞ってアプローチするとなったらHSPに分があるよ。

大人数の中の1人じゃなくて、1対1のあなただったら、そんなに力量の差は出ないんじゃないかなー。

もちろん、恋愛のテクニックだったり、モテるためのファッション云々が同じレベルであればね。

でもそれだって、抽象的な物事を捉えられるのがHSPのポテンシャルだから、1度知識を得ようとすればあっという間に吸収できちゃうんだと思うなー。

職場にいるときであれデート中であれ、彼の機嫌を読み取って、ふと発した一言から彼の背景や趣味嗜好を察することもできるよね。

だから、マッチングアプリなんかは確実にHSPが勝てる恋愛フィールドなんだよ。

合コンとかは、せっかくのポテンシャルをダメにしちゃう。

共感能力が高いけど、高すぎるばっかりに大人数になった途端会話がうまくできなくなるし

女性メンバーの狙ってる人が次々分かっちゃって、押すべきか引くべきか居場所を失ってどうしようもなくなったりする。

つまり、HSPの人はスナイパータイプなのね。

相手の情報がきたときに、ゆっくり吟味してから確実に打ち抜く恋愛戦略が合ってる。

とくに、ノリが良くて外交的な女性よりも、1枚の写真や「ひとこと」から情報を読み取れる能力が高い。

メッセージを何十回ってやりとりしなくても、相手選びの段階で優位に立ってるんだよ。

  • 自撮りの角度や目線からナルシストっぽさやノリの若さが分かっちゃう。私とは合わないな
  • 人が撮ってる写真で、しかも自然体に写ってるリラックス感のある優しいイメージの人だなー
  • 自然の中にいる写真が多いから、アウトドア派。アプリのコミュニティにたくさん入ってるし、かなり外交派。その割にメッセージが慣れてないな。男が多い職場かな。
  • ひとことをマメに更新してるから、多分LINEも多く返ってくるタイプ。となると、メッセージは多めにやりとりしてからLINE交換したほうがこっちのペースで進められるはず。

こういう読み取りが効く。

あらかじめ1対1の関係から始められて、自分との相性やリードの取り方まで想定できるから、マッチングアプリにどれだけ分があるかわかるよね。

ただし、すぐにLINE交換!すぐに会おう!って言われると、こっちのペースで進められなくなる。

自分のペースで関係を進めないと、彼の顔色やテンションの機微を察しすぎて言いたいことが言えなくなったりするから

「マッチングアプリ上で会話してから会いたい」「ゆっくり会いたい」を公に選べるマッチングアプリ選ぶのがコツだよ。

Pairsだったら、その機能あったかなー。

プロフィールの選択欄に「会話してから会いたい」を選べるし、検索もかけられる。

あと、どこのマッチングアプリでもそうなのかもしれないけど、女性はお金かからないからいいよね。

口頭じゃないメッセージに強いHSPだからこそ、盛り上げるべきか引き下がるべきか、駆け引きが誰よりも上手くなるポテンシャルを秘めてるんだよ。

現代の恋愛においては、敏感さはメリットにもなる。

相手のニーズを読み取る力って、誰でも説明されればできるようなことじゃないから

元から持ってるHSPの人は、すごい強みだよね。

じゃあ、恋愛向いてないのかな?って思いやすい「恋愛疲れする部分」をどう手懐けていくか。

彼のゴキゲン信号を右往左往してる人、多いんじゃないかなー。

彼の顔色を読める共感性が足を引っ張ることもあるHSP ストレスケアは人の2倍必要

散々「人のニーズを読めるのは強み」って話をしたんだけど

恋愛に疲れてる人、自分があんまり恋愛に向いてないような気がしてる人は、メリットがデメリットにもなってることが多いよ。

彼のゴキゲン信号機にぶるんぶるん振り回されちゃってるとか。

たとえば、実際に外を歩くときも、てくてく安定したペースで歩くのは疲れにくいよね。

でも、こんなことないかな。

信号を渡りはじめた途端に青信号がチカチカしだして「あ、やば」って小走りになるの。

ちょっとペースを乱されるよね。もしも毎信号ごとに必ずやってたら、誰でも疲れる。

HSPの人は、これを恋愛でやり続けて疲弊しやすいんだ。

彼が「美味しくない」「つまんない」「イライラする」って顔や雰囲気を読み取ってしまって

青信号をゆっくり渡れればそんなに疲れないはずなのに

すぐ信号が点滅して小走りになって、黄色!?赤!?って右往左往してるの。

進んだらいいのか戻ったらいいのかわからなくなっちゃって、彼のゴキゲン信号機に振り回されることが大きなストレスになってくる。

HSPのメリットと表裏一体で、というか、HSPとして生きていく以上は避けられないよね。

機嫌のアップダウンが激しくない男性を選んだとしても、誰でも感情の変化はあるし、それを避けようと思ったら孤独に生きるしかなくなっちゃう。

だから、上で書いた、特性をポテンシャルとして人の2倍活かす。

更に、人の2倍ストレスケアがいるよ。

人と付き合うこと自体よりも、受けるストレスの大きさに耐えられなくなってるケースが多いんだよね。

だから、1人の時も人といる時も使えるストレスケアの方法を身につけなきゃなんない。

この本とかよかったよ。

 

科学的に正しいストレスケアの方法が、出先で簡単にできるものから、自分でデータを取ってやるものまで羅列してあるの。

自分が外でやりやすいものをスマホにメモしておいて「いま、ストレス濃度が高まってるなー」と思ったら、離席したタイミングでちょこちょこやる。

この本を書いてる鈴木裕さんはブログもやってて、最新の論文を読んでは「痩せるには」「ストレスケアには」「いいサプリは」を日々まとめてる人だよ。

鈴木さん自身もかなりの人見知りで敏感体質らしく、ストレスや人間関係の科学に強い。

こう言う人が書いたストレスケア本は、かなり信頼がおけるんじゃないかなー。

まずブログ読んでみたい人はこちらhttps://yuchrszk.blogspot.com/?m=0

あとは、普段から「人の雰囲気や気配から気を逸らす感覚」を身につけておくことだよね。

HSPの人は、知ってる人だろうが他人だろうが、人の雰囲気そのものに敏感だから

どうしても人混みや学校、会社が辛くなってくる。

そういうときに、できるだけ周りの雰囲気を読み取らないようにするために

移動中の音楽やオーディオブックで

「今は人の気配よりもこっちに集中してるなー」

「ちゃんと意識が逸れてるなー」

って感じられる時間を作っていく。

人の態度や雰囲気に左右されない、意識が持っていかれないときの自分はどういう感覚なのか。

それを頻繁に掴めるようになると、多少なりともHSPのコントロールができるようになるよ。

イヤホンで音楽聴いてる人は多いと思うんだけど、何回も聴くうちに耳が慣れて、聞き流しになっちゃうんだよね。

そうなると、だんだん周りの環境に意識が戻っていっちゃう。

音楽だけじゃ「ちゃんと意識が人の雰囲気から逸れてる」感覚を得られなくなってきたら、Amazonオーディブルとかおすすめかなー。

人の声で本1冊流れてる状態だから、HSPの人こそ集中して聞けるんだよね。

無料体験中でも本1冊ダウンロードできるよ。

つまり、体験期間内に解約すれば無料だし、本1冊ただで貰えるから、もしかしたら自分には音楽の方が合ってるかもしれないって人も損しない。

期間内に退会すれば無料で終われるしね。

 

HSPの人でも敏感に反応する部分って違うから、ものは試し。マッチングアプリもそうだけど、無料で試せるなら損しなくていいよね。

それでも、彼の顔色を伺ってしまって言いたいことが言えない、何を言ったらいいのかわからない!と思っちゃうときは

HSPへのアプローチじゃなくて、どちらかというと恋愛テクニックの方に重きを置くといいかもしれない。

何を言ったら喜ばれるのか、どんなことをすれば彼をコントロールできるのか。

ちょっと悪いテクニックまで学んでしまえば「どこまで駆け引きしていいか」「何を言えばいいか」がわかるようになるよ。

 
そういうときは「彼を思い通りに動かしたい」「コントロールしたい」「テクニックありきでも好きにさせたい」って気持ちを隠さないで書かれた本がいいよ。
 
ANNAさんの本は、どれもそんな感じ。
 
恋愛が下手で、好きになればなるほど何を言えば気に入られるのかわからなくなって、お水の世界に飛び込んだ人。
 
お水の世界で得られる恋愛の知識って、かなり生々しくてコアな部分だから
 
それをわかった上で「悪いテクニック使ってでも好きになって欲しい」を書いたANNAさんの本は参考になるよ。
 
このブログからは2つ。
 
 
 
漫画の話になっちゃうんだけど、できるだけ漫画読んでない人でもわかるように書いた(つもり)
 
ここまでやってもいいんだ!っていうのがわかれば、彼の雰囲気を察しても動じなくなるんじゃないかな。
 
悪いテクニックって、ある意味「困れ!」と思って仕掛けるわけだから
HSPの人の優しさとは、反対方向にあるのね。
 
そっか、たとえ彼が困っても、結果的にそれが気持ちを向けさせる方法にもなるんだなーっていうのを
 
なんとなくでも知っておけば
「何を言ったらいいかわからない」
「◯◯と思われたら」
「◯◯してしまったら」
 
っていう怖さを抜け出せるよ。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました