モテない良い子とモテる良い子の違いは、凝り固まった白と柔軟な透明ってところ。明るくても優しくても、性格特有のカラーになってたらターゲット層が絞られるよ

恋愛のモテるモテないって話になると「いい子」ってのが位置付けの難しい言葉なんですよね。

いい子だけどモテない女性がいる一方で、いい子だからモテている女性もいます。

ただし、両者ともに「優しげで気遣いのできる、もしくは親やすい」イメージは共通しているので

どちらにせよ恋愛でのポテンシャルは既に高い状態

いい子「だから」と「なのに」 の、そこの違いを知っておくと、恋愛だけじゃなくて無難に人間関係を築いておきたい職場なんかでも有利な立ち位置にいけますよ。

あんまり目立たないがために優しさのポテンシャルを活かせてなくてモテてない女性だったら、モテるいい子に変わることもできるし

無難にやり過ごしてひっそりしていたい場面では、目立たないいい子に戻っておくこともできるわけです。

スポンサーリンク

モテるいい子とモテないいい子の違いは、固有色としての「いい子」かどうか

すごく単純に性格を表すとして、明るくて情熱的であれば赤,黄色だろうし、さっぱりしてれば青で、ナチュラルな感じなら緑・茶

なんかの色に例えられるんだけども

こういう性格の固有色がある時点で、恋愛のターゲット層

つまりは自分がどんな人にウケて、どんなタイプの男性とはあんまり話が合わないかってのが 少なからず決まってきちゃうんですよね。

もちろん、話してみたら意外とってのはいくらでも起こり得るんだけども、ぱっと見の雰囲気で「今まで付き合ってきた女性と似たイメージの人だな」とか

「学生時代や職場で、だいたい同じ立ち位置にいそうな感じ」と思ってもらえれば

良くも悪くも交友がスタートしやすい。

単純にリスクヘッジというか、男女共にできれば断られたくないしね。でも、誰でもそうだよね。怖いし。

「こういう人がタイプ!」「芸能人で例えるとこういう人たちが理想!」ってのは誰しも持ってるんだけど、それとはまた違って

なんていうのかな、恋愛云々は抜きにしたとしても、仲良くなりやすいバロメーターみたいなものが

性格の固有色が似た人同士では高く見えるし、かけ離れた人同士では低く見える。

ここで「良い子」の固有色の話になってくるんだけど

モテる良い子の固有色が透明だとしたら、モテない良い子の固有色は白なんだよね。

白の人だけじゃなくて、赤の人も青の人もそうなんだけど、カラーがハッキリしてる人ほど柔軟性というか、違うカラーの人を惹きつける磁力が弱いとも言えるのね。

そのぶん、赤は赤同士で、緑は緑同士で早めにくっつけるし、カップルとしての息も長かったりするから

メリットデメリットの話じゃなくて、振り幅が小さくて安定的。それは結婚を見据えた付き合いなら、望ましいことでもあるわけです。

もしかすると、なんとなく、白の女性の中では「赤や黄色の女性はなんとなくモテやすい気がする」って人も多いかもしれないんだけど

これはね、目立つ目立たないの領域になってくるよ。

性格的に目立つだけで、良いところが周りから見えやすくなるから、違うカラーの男性からも「自分とは合わなさそう」で終わらせない力があるのね。

彼女の好きなものごとや良いところが目に入りやすいぶん「意外とこういう趣味では話が合うのか」っていう発言だったり、近づきやすさを無意識に提供してたりする。

でも、白の女性がモテるには目立つ必要はあんまりないってのを、透明な良い子を使って説明していくよ。

透明な良い子は自分の固有色を薄めた状態だから、赤や黄色になるような無理はしなくていいよ

じゃあ、カラーが透明な「モテるいい子」について。

つまり、モテるタイプのいい子は透明で、固有色がないんだよね。

(固有色)は飲み会に行っても、デートに行っても、友達といても彼氏と居ても、ベースは白なの。

考え方や基本となる行動はあんまりブレない。

だけど透明のいい子は、場所なりになんとなくカラーを合わせられると思うんだよね。

人だけでなく、場所にも固有のカラーがあって

人が集まって騒がしい場所には場所の、イメージや色がつくわけだけど

いい子はいい意味で芯がない。どこ行ってもそれなりに溶け込んで、自分のカラーを意識して動くってことを臆せずに辞められるタイプなのかな。

いい子だけじゃなくて、ちょっとミステリアスって言われる女性だったり、割とサバサバしてて付き合いやすいタイプの女性も

透明(固有色を持たない)な人が多いんじゃないかなー。

そこで、なんでモテるいい子とモテないいい子の違いが可視化されないできたのかってところなんだけど

  • 行動や信念にあんまり芯がない
  • 優しくて共感上手
  • 大人としての常識がある
  • 自分のプライドや意見を捨てることを全然怖がらない
  • 親しみやすい、もしくは控えめな

これらを自然と併用してる人たちがいる、というより、全部揃ってたとしても性格として矛盾しないってのが言葉にされないからなんだろうなー。

もしも白の固有色を持ってるいい子が、透明タイプのいい子に変わる、もしくは少し寄せるだけでもモテにはかなり効果があると思うんだけど

白を透明に変えていくとしたら、挙げた5つの性格を取り入れたり真似するよりは「間口を広くする」って結果だけ取り入れちゃったほうが早い気がするよ。

透明タイプの人って、自分では意識してないのかもしれないけど「割となんでもどうでもいい」に近い間口の広さがあるよね。

たとえば、友達に「実は不倫してて」って悩みを打ち明けられたとして

  1. 何があっても不倫はやめたほうがいい!犯罪だよ!やめないなら友達やめる!

  2. 別にいいんじゃない?好きになったなら。うまくいくかもしれないし

こんな風に人によって確実に意見が割れる、かなり人を選ぶ相談だとしても

興味ないわけじゃない「そうなんだ」で受け止められるような人っていうのかな。

既に存在してる感情や関係を良い悪いで裁いてもしょうがない、そこはどうでもいいって自然と思えてるタイプ。

そういう「無闇に人を裁かないドライな強さ」みたいなものを「間口の広さ」として取り入れておくと、固有色の白(や、もしくは他の色)に凝り固まりにくいです。

もう少し突っ込んだことを言うと「たとえば誰かに無理やり1キロ歩かせるくらいなら、一緒に2キロ歩いちゃったほうが早い」ってのを違和感なくやるかんじ。

固有色をできるだけ薄めたうえで人と交友してみると、元の色が薄い分だけ相手に合わせたり、できるだけ考えを読み取って共感したりってのが楽になるよ。

ノリを合わせる、空気を読むって言われると難しく感じるけど、自分の固有色を薄めた上で人と関わるって言われたら

実践しやすい人もいるんじゃないかなー。

あくまで透明になる、固有色を薄めるって話で

無理やり頑張って赤になろう!青になろう!もっといえば「好かれるために自分らしくない行動をする」「モテたいから着たくない服も着る」みたいなこととは反対の方法なのがいいよね。

それに、目立つ色にはならなくていいから、元々白が居心地いい人にとっては無駄なリスクというか、苦しみもない。

柔軟性のあるモテに繋がるよー。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました