パリジェンヌのファッションルールを取り入れて、モテるシンプルコーデを作るコツ ①

シンプルでモテるファッションの代表として、よく「パリジェンヌ」が挙げられるんだけど

どこかヌケ感のある絶妙なオシャレさに憧れる反面

  • 「ただシンプルなだけでは?」
  • 「フランス人の体型でカジュアルを着ればああなるだけ?」

って疑問もあるんだよね。

ただ、シンプルなのになんかイイ!と多くの人が感じるのは、センスだったりものの選び方だったり、それ相応の理由があるわけです

なので、その理屈を「パリジェンヌがシンプルなものを選ぶ理由」「パリジェンヌのセンスを取り入れる方法」にわけて

モテやすいシンプルファッションとして取り入れられるように、ロジックを作ってみたいと思いまーす。

パリジェンヌは質が良くて高いものを買うってのはウソ。ZARAとか使ってるし

憧れる人が多いだけあって、パリジェンヌについて書かれた本(サイト)はいっぱいあります。

だけど大体さー

  • 彼女らは自分に似合うものをよく知っているから〜
  • ワードローブは少数精鋭で、長く使うものだからカシミヤを〜
  • フレンチファッションには外せないボーダー、1着は必ず持ってる♡
  • パリジェンヌのオシャレスナップまとめ!

個人的には、こういうのあんまり…。

そっか〜、自分を知ればいいんだ、で解決!しないしね。

それに、長く使えるもの=高くて質がいいものって時代ではなくなってきてるのは世界共通

普通にZARAで服買ったりするし、日本とはテイストが違うだけでファストファッションもいっぱいあるよ。

だったら、「パリジェンヌがどういう基準で服を買うか」を、ちょっとだけ理屈で知っちゃったほうが

自分が好きな服を買いつつ、エッセンスだけ取り入れられてラクだよね。

どんな色を多く買いがちで、コレ持ってればとりあえずOK、とか。

当たり前のように捉えられているファッション法則が、パリにもあります。

フリル・リボン・レースにピンクを全部組み合わせたらアカンということは、多くの人が当たり前のように理解しているわけですが

そういった自然な、黙ってても小さいころから培われる現地の考えのほうが知りたい

日本だと、ネイビーを多く使ってシルエットも崩さずに着ると真面目くさいとかね。

さらに、なんで理屈で知ろうとしてるかっていうと、パリと日本ではファッションに対する常識のようなものが違いすぎていて

(たとえば、大人が着るべきとされる色や形、露出の節度とか)

パリで通用する「当たり前」があんまり入ってこないのね。

スカーフの巻き方とか、こまかいテクニックだけ持ち込まれちゃう。

上で挙げたネイビーの件でいうと、日本では中学〜高校の制服やスーツ、仕事着がネイビーって理由もあって

どうしても真面目な印象を与えやすくなるけど

パリではネイビーの位置付けが全然違ったりする

これが前提・当たり前の部分です。

それなのに前提を無視して、すごく素敵に見えるスナップ写真やアイテムだけはいっぱい見せられるわけなので

カジュアルなのにアンニュイで、なんかイイ!真似したい!でも、同じような服着てるはずなんだけどなあ…?

西洋人の体型?センス?パリジェンヌ…?

と、だんだん「日本人には無理だよー体型が違うんだものー」って話になってきちゃう。

そこで、数学の公式みたいに「知っていれば解ける数式」として

パリジェンヌのファッションの定石を扱っていきたいなと思いまーす。

ついでに、パリジェンヌのファッションでよく話題になる

  • シンプルに見えるのにオシャレなのは、何がちがうの?
  • 西洋人のスタイルに依存する部分が大きくないですか?
  • 着崩し上手なヌケ感、アンニュイな雰囲気はどこから出てきてるの?

これらも合わせて

「理屈でわかるパリジェンヌのファッション」シリーズ!今回は①です。

シンプルな服を着てるのにセンスよく見える理由。パリジェンヌの服選び

基本的に、パリジェンヌのファッションはシンプルです。

シンプルというか、柄物をあんまり多用しないよね。コートもトップスもパンツも無地。

日本でも無地の服なんかいくらでも売られているわけですが

なぜパリジェンヌが着ると質素(地味)に見えないのか

だって、日本で買ったユニクロTシャツ×ユニクロパンツだと、いくら無地でも垢抜けないというか…。

万人受けするように作られているとはいえ

若干のダサさがあったりして。

結論を言っちゃうと、その理由は色にあるよ。

ファッションルールとして、「パリジェンヌは自分の色を決めている」とよく言われるんだけど

ただ似合う色や好きな色を選んでいるわけじゃないのね。

「自分の色を決めなければならない」という言い方のほうが近い。

その「色使いを固定するわけ」から知っておくことで、自然とパリジェンヌのファッションルールに近付くんじゃないかなー。

いくら金があっても足りないパリのファッション事情

パリジェンヌって、服にかけるお金ないんだよね

というより、服にお金かけると「金の使い道」として損なの。

日本だと軽減税率対象のモノ以外はだいたい一律の税金がかかります。

新しいバッグを買うのも、外食するのも同じ額の税金。

じゃあパリでは?

スーパーで食材を買って、家で作って食べるゴハンの税金は約5%。

食材の税は日本より安いね!

恐ろしいことに、同じものを外で食べると約20%の税が取られます。

ほら、有名なクロックマダムマフィンとか、家で作れるような軽食なのに

かかる税金が5%と20%じゃ、毎日のこととなるとキツイよね。

で、服もバッグも同じく、約20%。

フランス人からすると

  • 必要以上はなくてもやっていける、外食やファッションという贅沢品にかかる税
  • 食べなければ死ぬんだから、家で食べる必要最低限の食事にかかる税

これが一緒くたにされている日本はむしろおかしいよ!

と思われているそうですけど…。

なので、一人暮らしなら自炊するより外食しちゃったほうが安い問題は、フランスでは起こりえないみたいよ。

いまはUberとか流行ってるからわからないけど。

ただ、毎週末にマックをファミリーで食べるのは贅沢すぎるんですな。

税金20%上乗せのハンバーガーが4人分。

気軽に行きまくってると、貯金できない。バカンス文化なので、みんな貯金はしたいしね。

さらに言えば、日本人が「ご飯を質素にしてお金を貯めて、新しいバッグと服買っちゃえ!」

をやるのと、フランス人がやるのとでは難易度がケタ違い。

ファッションに大きくお金を使うのは、まだまだ贅沢扱いなのかな。

だからか知りませんけど、いくら安くても服を買うこと自体にザイアク感をもってる女性が多い。

うーん、ひと昔前の専業主婦みたいな感覚なのかな。

みんな働いてるから、旦那のお金をどうこうってのとは関係なく、贅沢を繰り返すことに対しての罪悪感が根強いというか。

まとめると、ファッションにお金を使うといくらあっても金が足りなくなる税率

プラス罪悪感があるのね。

だから、そもそもの問題として、季節ごとにワードローブを変えたりはしない。

パリジェンヌにとって、安く買えるセールは特別なことなので…

日本はすぐセールやります。

サマーセール、ウィンターセール、年末バーゲン…

駅ビルとか行ったら、どこかの店は絶対セールやってるんじゃないの?と思うくらい。

値下げもすごいしね。

ゾゾタウンを見れば、毎日何かしら大幅に値下げされている上にクーポンも配られています。

だったらベツに

  • 試着しないで買う
  • ネットで適当にポチる
  • 流行りのアイテムを毎シーズン買う
  • セールを毎回覗く
  • 2、3回洗ったらヤバそうな生地の服を買う(ぺらぺらの生地でも可愛さの方が重要)
  • ワンシーズンのために買う

個人的には、いつでも安く買える条件が揃った日本では むしろやらないと損なんじゃないの?とすら思うよ。

エコやミニマリスト的な考えには反するかもしんないけど。

似合わなくてもメルカリで売れば半値以上の元取れたりするし。

これが当たり前になってしまうと気づかないのですが、パリジェンヌはそんな自由を与えられていませーん!

セール(フランスでいうソルド)は、パリ市が一律に時期を決めています。

秋にかこつけてセールやろうとか、在庫一掃したいから安く出しちゃえ〜は出来ません

パリジェンヌに、というよりブランドに自由が効かないんですね。

抜け駆けが見つかったら罰金だよ!

なんつーか、モードの街ならではだよね。

国がファッションを大事にしてないと思いつかない発想。

勝手に服を安く売ったら罰金やで、ってことでしょ。

エルメスとか、ハイブランドの例外はありますけどね。

そういうブティック〜ハイブランド以上のお店は、俗に言う「ささやきセール」をやるらしくて

ささやきセールって、主にブティックでしか服を買わないようなお金持ちの専業主婦マダムとかに「来週、こちらのコーナーお安くなるんですの…」ってチラッと言っておくセール。

セールっていうか、もはや常連サービスに近いのかもしれないね。

どっちにしろ、若いパリジェンヌにはあんまり手が出ない代物しか売っていないお店なわけです。

まとめると、季節が変わったからと言って、なにかを安く手に入れられるわけではないのです。

つまり、服は贅沢で安くも買えないなら、ファッションルールを作るしかないわけです

つまり

  • 20%も税のかかるファッションは、お金の使い道としての優先度が低め
  • 季節ごとのセールがないので、いつでも安いわけではない

こうなってくると

  • パリジェンヌは自分の定番を決めている♡
  • 自分に似合う色を持っている♡
  • ワードローブは少数精鋭♡

よく言われるコレ、全然ポジティブな話じゃないよね。

そう、これがこまかなテクニックだけ入ってきて、全体像は真似できないパリジェンヌファッションなのね。

自分に似合う色を知ってるといえば聞こえはいいけども、金もなく税金も高いのにセールは年一回と

フランス人の失業率って高いしさー。

まあそれは、失業手当が日本よりオイシイ感じなので、ちょっと働いてちょっとフラフラして…ってのんびりやるほうがトクだって理由もあるんですけどね。

で、そんな中でもファッションを楽しもうと思ったら、定番を決めて少しずつ「ちゃんと買い」しないと生きていけません

そのちゃんと買いが行き着いた結果が、パリジェンヌのおしゃれファッションルールなんだと思うよ。

  • 絶対試着しないと!似合わなかったら困る!
  • 多くは買えないから、ベーシック×クラシックなものを揃えておかないと!
  • 着回しが効かないと困る!無地を買わなくちゃ!
  • トップスやボトムで遊ぶと高くつくな。スカーフと小物で安くアクセントを作らなくちゃ…

今のパリジェンヌスタイルはすごく素敵。ベーシックでクラシック、普段着がいいよね。

かつ小物で遊ぶ余裕が見られるファッション。

だけど、始まりというか、実のところは苦肉の策からはじまってます。

これを知ってる上でパリジェンヌの服選びを真似するのと、なんとなく無地やフレンチスタイルの服を買うのとでは

選ぶモノとか、真似の質に差が出て当たり前なんじゃないかなー。

ちなみに、フランス人の多くはキリスト教なので、気なくなった服は売って元を取ろう〜という考えも

幅広くないのかもしんないね。

教会に寄付したり、地区によってはゴミ出しのルーティンのように「何日に袋に入れて服を出しておくと持っていってくれる」みたいな日もあるよ。

そこから、団体がやっているお店(寄付されたものを安く売る中古販売店)に出されて

それらの売り上げが子供達やボランティアなど、運営に使われるのです。

もちろん、消費者も綺麗な服を安く買えるからWIN-WINではあるけども。

でも、寄付した側に多くの現金は入らないので、買って売っての個人循環は期待できないっぽい

ここまでが「パリジェンヌの服選び(ホントのところ)」。

長くなるので「パリジェンヌの服選び(具体的なアイテム探し)」に続きます。

つぎは色使いやアイテム選び等、具体的なところを解剖していきます。

つづきはコチラ

理屈でわかるパリジェンヌのファッションセンス シンプルなのに何故おしゃれ?②パリジェンヌのコートやバッグなど 具体的なアイテム選びの話
前回の続きでーす。理屈でわかるパリジェンヌのファッションセンス シンプルなのに何故おしゃれ?①小物や色使いの秘密①では、パリジェンヌがファッションにおいて大事にしてる自分の色自分の定番シンプルクラシックこれらの出どころ...

もしくは、YouTubeで「パリ現地の人に日本の食べものを食べてもらう」チャンネルを見ると

あくまで一般のおしゃれな人たち、自然なファッションが無料で見れるんでオススメです。

YouTubeチャンネルを見ながら、こういうテクニック使ってるよね!も解説↓

パリジェンヌのファッション④番外編 スナップ以外で普段着のパリジェンヌコーディネートを見ながら解説 YouTubeのパリちゃんねるがファッションの勉強にも使えるよ
こんにちはー小田です。4回連続パリジェンヌのファッション記事なんですが、今回はちょっと番外編です。1〜3で、パリジェンヌファッションの意義やアイテム選びのテクニック、パリジェンヌファッションをしてるだけで男ウケするし得だよーって記事を...

コメント

タイトルとURLをコピーしました