石田ゆり子の媚びない「凛としたかわいさ」はすごくモテるよ。独特のショートボブも嫌われない女らしさを表現できるキーだったりする。真似するのも難しくないし、美容室のオーダーにもコツがあるよ

石田ゆり子さんは今でも男性に人気あるけど、あんな感じの「見てて気負いや気張りを感じさせない凛とした可愛さ」はすごくモテやすいよ。

可愛いのに周りにプレッシャーを与えない親しみやすさは貴重なんだよね。

モデル級に洗練されて整った顔かっていわれたらそうじゃないんだけど、過度に美貌に自信を持ってる人たちが発する「私がこの中で1番可愛いはず」「そう扱われるはず」みたいな圧を絶対感じさせないかんじ。

これは見た目にあんまり自信がなくても真似できるし、むしろ立ち位置さえうまく取り入れられれば「自意識が少なくて親しみやすい人」「なんとなく自然体でかわいいっぽい人」っていう雰囲気を作れるから

すごくモテるようになるよ。

あの軽くてふわっとしたショートボブも、嫌われにくい女らしさを発するキーになってる。

美人がやらないとただの地味な髪型とか言われるけど、個人的には1番嫌味がない可愛さを出せるはヘアスタイルだと思うなー。

割と誰でも真似できるし、作り方もあるんだよ。

スポンサーリンク

エッセイから見る気張りのない可愛さ 「女たるもの」みたいな執念を感じさせない柔らかさがあるよ

石田さんのモテやすいところ、凛とした可愛さって、男性ウケしなさそうなところはソツなくスルーできるイメージからきてるんじゃないかなー。

  • 散財する
  • 高級志向
  • 悪口
  • 気分の上下が激しい
  • 円滑に生活できないほど家事ができない

実際、できるかどうかは関係なくて(いや、石田さんは上に当てはまらないと思うけど)

周りからは「そんなところは想像できない」って思われるし、本人も「大人として、そういう部分を見せるべきじゃない」って思ってそうだよね。

あんまり嬉しいことじゃないけど、人は「〜だったら仕方ないよね」と言いつつ見るとこ見てるじゃない?

Instagramにブランドバッグを並べてアップしてる芸能人はいっぱいいるけど

男性はそれを見て「まあ、芸能人だからね」「すごいね」ってコメントを言いつつ、服飾に大金かける人なんだなーって印象は忘れてない。

他にも、例えば「〜所属のモデル、後輩いじめ」ってニュースで話題になったとしたら

もちろんいじめは良くないけど「まあ、女所帯なんだし」「モデルだし、競争すごいからね」って口では言いつつも

後々テレビでそのモデルがニコニコしてるところみたら「この笑顔もウソなんだろうなー」って内心感じたりする。

対して石田さんは、ナチュラルで自然体なだけにそういう言い訳が効かない(ひどいスキャンダルが出たら、評判が暴落する)立場にいて

本人も「自然体でいるけど、そういう風にはならない」ってちゃんと自制する心とか、大人の女性らしさを感じるよね。

見た目はふわっとしててかわいいけど、そこが凛とした雰囲気に繋がってると思うなー。

石田さんみたいに芸能人じゃない、一般の人がモテるように真似するとしたら、ここまでの自制心は必要じゃないけど

  • 人当たりがいいなーって思われるくらいの挨拶ができて
  • 悪口言わなくて
  • 月収の範囲内で生活してる様子が伺えて
  • 自虐を言わず、そこそこニコニコしてたら

だいたいの男性からは好感得られると思います。

ハイブランドってわかる服ばっかり着てたり、明らかに高そうなご飯を毎日食べてる写真がインスタに流れてきたら

「この子何やってる子?」「あんまりお金の使い方は上手じゃなさそう」って思われても仕方ないんじゃないかなー。

海外だと、そういうのにはもっと厳しい目が向けられるよ。

「あなたはお姫さまか娼婦なの?」って普通に聞かれる。

月収の範囲内で、普通に家事できて、気張らずに楽しく生活してる様子!ってSNSに載せるには1番難しいテーマだから

身近な人とはあんまり繋がらない方が、下手なマイナスイメージ植え付けなくて済むよ。

優しそうだけど気弱そうに見えない「ニュートラル」を保つ

石田さんはすごく優しそうだけど、何でも言って大丈夫ーって気楽に扱える気弱さとは遠いかんじ。

でも、人懐っこさとか、親しみやすい女らしさがあるから、周りは自然と石田さんを大事に扱うようになる。

こういう雰囲気を作れたら老若男女問わず好かれるし、誰に優しくしても媚びてるように受け取られないよ。

石田さんはエッセイも書いてて↓

この中に、ふわふわの毛布にくるまれるのが好きって話が度々あるのね。

「ふわふわの毛布」ってワードが既にナチュラルなかわいい言葉ではあるんだけども、そこはちょっと無視して。

本読んだら内容がいかにも「石田ゆり子〜〜」って雰囲気だからわかると思うんだけど、誰もが「ただ好きだから事実を言ってるんだな」って思える気張りのなさがあって

自分がふわふわの毛布が好きだから、好んでくるまれていたい

その様から、石田さんの女らしさやナチュラルな優しさを感じてホッとする人が出てくる

そんな人たちが「石田さん素敵ですね」「好きです」って言ってくれることを、単に嬉しく思う

っていう、人の目からどう見られてるかは気にしてないけど、良い反応があればそれなりに受け止める、みたいな。

こういう、「自己を確立してるけど、かたくなじゃない」スタンスを保てたら、それだけで充分女らしくてかわいいよ。

かたくなじゃない姿勢って結構難しいよね。

仕事できるけど絶対意見は曲げないとか、可愛いけど人の容姿を批評するとか、あの人ああいう人だから…って許される場合もあるけど

人と環境が変われば許されない可能性も高いし。

絶対に意思が変わらない人に交渉したい人もいないから、それだけで回避する男性は少なくないよ。

もし、上の石田さんの例を、無理して頑張ってそうな女らしさに変えると

ふわふわの毛布が好きで、好んで包まれている

同じ

そっか、好評ならもっと毛布をインスタにあげたほうがいいかな。新しい毛布は必ず必要ってわけじゃないけど、もう一枚くらいあっても良いかも

っていう、反応した人たちの雑念みたいなものを取り入れちゃうと、どうしても濁る。フィードバックを求めてるかんじは伝わっちゃうんだよね。

ふわふわの毛布が好きっていうのは、人の雑念が入ってない石田さんがもともと持ってる女らしさなわけだから

それはそれとしておける強さがあるよね。

本来持ってる女らしさを見て、もしくは受けて、素敵だなって思ってくれる人がいたら「嬉しい」とはなるけども

だからと言って「これぞ私の長所」「これからも大事にしていこう」とまではならない。

ものすごく媚びない女らしさだよね。

つまり、女らしさの中身はそれほど重要じゃなくて、もともと持ってる何らかの女らしさをいかにすのまま保てるかっていう

もはや精神力、自立心の分野なのかもしんない。

よく言う「自立した女性はモテる」っていうのは、なにも金銭面だけじゃなくてこういう分野の話が強いよ。どっちにしろ、まだまだ賃金は女性のほうが低い傾向にあるんだし、可愛げのある自立を目指しておくのがラクかもしんないね。

でも、今どき「絶対マウントや自慢のもとにならない女らしさ」を持ってるひとは、同じ女性から見ても絶対かわいいよ。

ふわっとしたショートボブって、嫌味がなくて親しみやすい髪型だよ。人が思ってるより真似しやすいんじゃないかなー

石田さんのふわっとした軽めのショートボブ、真似したいけど「美人がやらないと地味になる」とか、「顔の形的に難しい」って話もよく聞く。

けど、個人的にはそんなに難しくないんじゃないかなーと。

こういう本があって、

顔のパーツを50%、髪の印象で50%だから、見た目に自信がない人ほど髪のイメージをちゃんと作れれば美人に見えるよ!って本。

書いてる人はヘアライターなんだけど、学生時代は猿みたいなショートヘアでドライヤーも持ってなかったのに

ある日髪を整えたら、人生ではじめて「かわいいね」って言われて、ヘアスタイルの魅力にのめり込んで髪のプロにまでなっちゃったんだって。

髪型の作り方や印象の出し方について多めに書かれてるんだけど、ヘアアレンジやコテ使いについて一切乗ってないのが良かった。

で、この本を書いてる佐藤さんによると

  • 女性のなりたい髪型ランキングでは、ツヤツヤ天使の輪のストレートスタイルより、軽めのふわっとした髪に票が入る
  • ヘアカタログを作る側として、美容師さんのアンケートをかなり間引いて作ってるから、顔の形はそんなに関係ない
  • 前髪と分け目だけちゃんと整えれば、若々しくてかわいく見える

らしい。

石田さんは、本人の髪質もあるかもしれないけど、髪の分け目も毛先もふわっとしてて動きがあるよね。

そういう茶色のショートボブは、1番嫌味がなくて親しみやすいニュートラルなヘアスタイルなんだって。

だから、髪型だけでも近いものにすれば、やわらかい雰囲気の可愛さにはイメージが近くなるかも。

たしかに、石田さんの髪型って特徴があるといえばあるし、ただのショートボブといえばそんなかんじだし。

でも、なんとなく美容室で説明しにくいよね。

ホットペッパーとかに載ってるヘアスタイルカタログには「この髪には丸顔、面長が合ってる」「ベース顔の人向け特集」って書いてあるんだけど、

本を書いた佐藤さん(カタログを作る側)の解説では

載せる髪型をカットした美容師さんが、どんな顔の形には似合うかアンケートを提出

だいたいは、何種類もの顔の形に沿って作れる形なんだけど、誌面に載せる以上は絞り込んだほうが読者もわかりやすい

なので、雑誌やページを作る側の佐藤さんたちが1番似合う輪郭を抽出して載せる

って流れで、ある意味間引かれた情報が載ってるらしいです。

しかも、それは「誰でもいけちゃう髪型」じゃなくて、ちゃんと美容師さん側にも根拠があって

たとえば、ヘアカットの練習に使うワインディング(のっぺらぼうに人の毛が移植してある)でさえ、移植の仕方で毛穴から髪が生えるクセに似たものができちゃう。

さらに、髪の持ち主の質感が残ってるから、いろんなワインディングを全く同じように切るだけじゃ、見本通りに切ったりはできないみたい。

つまり、ワインディングでさえ、その人のクセや髪質に合わせて切らないと似たような見た目にならないんだから

下手に顔の形や髪質で遠慮して、やりたいイメージを伝えないのはもったいないよって話です。

これ、知ってから美容室行くだけでもだいぶ違うと思うなー。

私なんかは面長×ぺったりしやすい×輪郭に自信なしだから、かなり絞り込んだ上で「こういう感じ」っていう持ってくんだけど

そうなると、かなり幅が広がるよね。

そういう意味でも、なかなか家に置いておきたい本だった。

ただ、石田さんのふわっと感は、私みたいなペタッとした髪質の人は「部分パーマ」くらいは当てないと難しいだろうけど

それでも、完全パーマより自然で扱いやすいしツヤも出るし、ちょうどいい落としどころかもしんない。

優しげで軽やかに見える髪型ってモテやすいし、意外と石田さんのヘアスタイルに近いものはできそうだよね。

分け目の作り方とかを細かく真似できれば、だいぶ快活なかわいさ出せると思うし。

「髪の分け目」のテクニックだけで、ものすごい明るそうな印象出せるよ。たとえば壇蜜さんとかも、黒髪ロングは似合ってるんだけど、分け目の白い筋がハッキリ見えるのね。壇蜜さんのブログから

石田さんとはちょっと形違うけど、ふわっとさせたショートボブにした途端これだもん↓

ウィッグだけど、壇蜜さん独特の強い陰のイメージが飛んで、顔のパーツも大きく見える。

石田ゆり子さん的な髪型を自分に合わせてオーダーするだけで、いま髪をあんまり重要視してない人はずいぶんモテる雰囲気が出せると思うよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました